平面認識β版をリリースしました

2021/04/20 機能・サービス

いつもpalanARをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度、平面認識ARのβ版をリリースいたしました!
現実世界の平面を認識して、ARで3Dモデルを配置できます。
また3Dモデルをタップして移動させたり、ピンチイン・ピンチアウトでサイズを変えたりできます。

palanARの平面認識ARの特徴


わかりやすい体験設計

palanARの平面認識ARはAR機能だけでなく、サイト上で3Dモデルをリアルに表示する機能も備えてます。
サイト上でモデルを確認して、ボタンひとつでARモードに切り替えて現実世界にARを表示。分かりやすい体験設計を提供することで、ユーザーが3Dを体験をしてくれないという問題を解消します。

3Dモデルを簡単に確認

3Dモデルを作成しても専用のソフトが無いと簡単に確認することができませんが、平面認識ARを活用すればブラウザ上で簡単にどんな3Dモデルのイメージが表示されるか確認することが可能です。

平面認識ARの使い方

平面認識ARを作成するには、3Dモデルのglbとusdzファイルが必要になります。
予め3Dモデルファイルが設定されたテンプレートも用意していますので、お手元に3Dモデルがない方でも直ぐに平面認識ARを体験することができます。

ぜひ平面認識ARを利用して新しいAR体験をお楽しみください!