コードを書かずに
魅力的なWebARを作成。

オンラインで簡単にWebAR(※)が作成できます。

※アプリ不要でARが体験できます

無料ではじめる!

かんたん、すぐにWebARを体験

最低限の操作は、お好きなファイルをアップロードするだけ。これだけでWebARを作成、体験できます。

ファイル形式は、画像、動画、3Dモデル(FBX、GLTF、OBJ)に対応。 アップロードしたオブジェクトの位置や大きさ、角度、タッチした時のアクションも自由に編集できます。

詳しくみる

palanARで作成できるWebAR

palanARでは様々なタイプのWebARが作成できます。

マーカーWebAR

ARマーカーを認識するとARが表示されるタイプのWebARです。

サンプル

ARマーカーを名刺に印刷したAR名刺。カメラをマーカーにかざすとARで社員の挨拶が表示されます。

スマホで体験する!

1. QRコードをスマホで読み込み

2. カメラが起動されると、目の前にARが表示されます

マーカーなしWebAR

体験ページにアクセスするとARが表示されるタイプのWebARです。

サンプル

ページにアクセスすると、色々な種類の魚たちが回遊する姿をARで楽しめます。有料で塗り絵機能なども追加できます。

スマホで体験する!

1. QRコードをスマホで読み込み

2. 起動したカメラでARマーカー(黒枠)を読み取ってAR体験

スマホで体験する!

画像認識WebAR

任意の画像を認識してARが表示されるタイプのWebARです。

サンプル

魚のいない水槽をマーカーとして認識し、ARで魚の3Dモデルが表示されます。

スマホで体験する!

1. QRコードをスマホで読み込み

2. 左の画像をクリックしてマーカー画像を表示

3. カメラでマーカー画像を読み取ってAR体験

顔認識WebAR

顔を認識してARが表示されるタイプのWebARです。

サンプル

顔を認識して、ARでライオンの3Dモデルが表示されます。顔を動かすと3Dモデルも連動して動きます。

スマホで体験する!

1. QRコードをスマホで読み込み

2. カメラが起動したら顔をかざしてください。

3. 顔の部分にARが表示されます

スマホで体験する!

より魅力的な
AR体験を

体験するユーザーのことも考えて、体験の満足度を上げる機能も揃えています。

ARマーカーの編集

ARマーカーの枠の太さや色の変更に加え、中の画像も好きな画像に変更できます。利用シーンに合わせたオリジナルARを作成できます。

案内モーダルの設定

ARを体験する前に、ユーザーへ使い方の案内(モーダル)を表示できます。もちろん内容も自由に編集できます。

体験画面のボタン/画像設置

AR体験画面に、撮影ボタンやリンクボタンを自由に設置できます。設定できる機能は10種類以上あります。

音声ファイルの設置

音声ファイルをアップロードして、AR体験時に音声を流すことができます。

複数のオブジェクト設置

AR体験画面に幾つでもオブジェクトを設置することができます。複数の3Dモデルでも、3Dと動画の組み合わせなども可能です。

アクセス解析

作成したWebARがどのくらい体験されたのか、Google Analyticsで確認できます。

活用方法

ビジネスやエンターテインメントなど、様々な場でARをご活用いただけます。

名刺

チラシ / ハガキ

商品プロモーション

商品パッケージ

書籍 / 会社案内

ポスター

イベント

スタンプラリー

さあ、WebARを作成しよう

無料・無期限でお試しいただけます。

無料ではじめる!