【AR×美術】浮世絵AR

2021.05.10

どんなAR?


PalanARの画像認識機能を使ったARです。
ポストカードに印刷された浮世絵(画像でもOK)を読み込むと、AR上で浮世絵が動きます。
美術館や博物館でARの導入が増えている中で、アプリなどがいらずにWebだけで手軽に体験できます。

実際に体験する


WebARはブラウザ上ですべて完結するのでアプリ等のインストールは一切不要です!

こちらのURLにアクセス


アクセスするとカメラが起動します。



②マーカーを用意


こちらの浮世絵がARで動画を表示させる目印「ARマーカー」です。
マーカーを印刷するか、ARを起動するスマホとは別の端末(PCなど)で表示させて用意します。



③写真を撮る


動画の再生ボタンを押すと、浮世絵が動き出すので、お好きなタイミングで写真を撮影してみましょう!


まとめ


こちらは無料プランで試すことのできる「マーカーなしAR」を用いたARのサンプルです。
無料の会員登録のみですぐに試すことができますので、ぜひオリジナルのWebARを作成してみてください。

palanARでできること


palanARは誰でも簡単にコーディング一切なしでWebARが作成できるオンラインツールです。
画像や動画、3Dオブジェクトの表示など、AR表現を簡単に制作・体験することができます!

主な機能としては、


  • 画像や動画、3Dオブジェクトの表示

  • フェイストラッキング機能

  • イメージトラッキング機能

  • プロジェクト名・ページURLの変更

  • 閲覧権限の設定

  • 閲覧有効期限の設定

  • マーカーの設定変更

  • 音楽ファイルをアップロードしてBGM設定

  • Google Analyticsアクセス数解析

などがあります。その他にも様々な機能がそろっています!
お手軽に試せる無料プランや、豊富なカスタマイズが可能なエンタープライズプランもご用意しております。
ぜひ一度、palanARでWebARを作成してみてください!

ARを体験する

QRコードを読み取ってマーカーにかざしてください。

WebAR事例トップに戻る